ファンデーションのカバー力は舞台用が優れています

私の肌は毛穴と小さなシミが目立つタイプなので、ファンデーション選びはやはりそれをいかにカバーできるかが大切になります。
でもファンデーションはカバー力が高いほど「なんとなく厚塗り」感が出てしまいがち。そのために今まで何回も買い換えていました。
でも、チャコットのクリームファンデーションに巡り会って、ようやく納得の使用感を感じています。
まずチャコットは舞台化粧品がベースになっているため、カバー力がとても高いのが特徴です。本当に驚くほどシミが隠れてしかも輝くようなつやつやな質感の肌になります。伸びも良いので少量でもぴたっと肌につきます。毎日しっかりメイクをしても4ヶ月以上使えるためとてもお得感があります。
また、シミが気になると、コンシーラとの相性などを考えてどうしてもファンデーションの色選びに悩んでしまいますが、チャコットはどれも日本人の肌色にとても合うようで、色浮きの心配をすることもありません。汗や皮脂にも強く、化粧直しが出来なくてもそこそこ安心して人前にでることも出来ます。私は混合肌なので部分はカサカサで部分はべたべたなのですが、カサカサべたべた両方に対応してくれる頼もしいファンデーションです。ただ、UVケア機能がファンデーション単体だと微妙なことが少し残念な点です。UVケアは同じラインのベースでしっかりする必要があるようです。
また、このクリームファンデーションは、同じチャコットのパウダーで仕上げると全く毛穴レスな肌を実現することが出来ます。このパウダーとの組み合わせが非常に優れているため、お試しするなら是非ともセットで使って欲しいです。専用のパフを別途購入する必要がありますが、たっぷりパフに取って顔全体にたーっぷりはたいて余計な粉を落として下さい。また、クリームファンデーション同様に日本人の肌色にとてもマッチしているので安心して使うことが出来ます。このパウダー自体をファンデーション代わりに、あまりヘビーなメイクをしたくない休日などにはベースの上にぱぱっとはたいてメイクを済ませる事も可能かと思います。このパウダーはとっても量が多いのでそれこそヘビーに使っても1年近く持ちます。でも持ち運びには不便なので私は雑貨屋さんで小さなケースを購入して小分けにしたものとパフをセットにして携帯用を作っています。(注意しないと化粧ポーチが粉だらけですが)とにかく肌が綺麗に見えるファンデーションなら舞台用が最強です。